忍者ブログ
大学生になってしまったとある人間がカメラ持って自転車に乗って旅する的なブログ。Twitter:@Y_O_Yucky
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
200   199   198   197   196   195   194   193   192   191   190  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福島県のみちのく自転車道というものがあってだな、そこを郡山方面の終点まで行ってみたんだ。
 終点に達し、折り返して日大付近を走行中のこと、
 「あー、やっとここまで来たー」
 という感じで、マウンテンの時によくやっている、走行中、左右に分けて、腰の位置をサドルより下げて、足を延ばすということを、ロードでも同じようにやろうとしたわけだ。
 いつも通り右から。
 すると、不意に自転車はバランスを失った。
 「…!」
 これはヤバいと思って自分の体制を戻そうと試みる。だが、細いタイヤに軽い車体のロードバイクでは、バランスを失った車体はさらに不安定になる。このとき時速25km
 これでは体制を復旧させるなんて無理だ。
 そう思い、瞬時に俺はバランスを考えず、左側の草むらに無理やりハンドルを切った。
 ただでさえバランスを崩している車体だ。無理やりハンドルを左に切れば当然、車体は右に傾く。そして、俺も自転車も、右に跳ね跳ぶようにして地面に叩きつけられた。

 進行方向に向けて撮影した写真。
 左側に転がっているのが俺の自転車だ。転んだ時は道路に向かって直角、車体の前半部が草むらに突っこんだ形で倒れ、俺は転ぶ瞬間に草むらへ向けて飛び込んだ。おかげでほぼ無傷。
 だが、左足のアキレス腱をフレームの何処かにあてたらしく、数時間たってきりきりと痛む。足は普通に動くから、たぶん大丈夫だと思う。
 自転車自体も、サドルが少し禿げる程度で済んだ。フレームへの傷は皆無。タイヤの振れもなく、チェーンが外れる程度で済んだ。よかった…。

 その時の走行データ。⑫で転んだ。

 まっ、まあみなさん、落車は気をつけましょう!


 追伸:右肩も痛めてた…。


 話変わってリアキャリア。
 昨日の更新でリアキャリアが届く!と言っていたと思うが、まあ、届いたんよ。
 MINOURA MT-800Nというキャリア。

 評価が高くて、アマゾンで売れているキャリアだから信用して俺も買ってみたんだが…、なんと俺の自転車には不適合だということが発覚!
 
何が不適合かというと、車軸付近のダボ穴にネジをさすのだが、キャリア側の支えが大きすぎて、後ろの三角のフレーム(ここの部分って名称何だ…?)に干渉してしまうんだよ!
 もうちょっといいやつを買えば、キャリア側の支えが細くて干渉しなかったんだが…。これは失敗。
 キャリア自体はしっかりできていて、ものすごくいいものだと思う。でも、使えないこともあるので要注意だ、ということを学んだ。
 皆さんも気をつけて!

 さて、このキャリアはどうしよう…。誰かにあげようかな……。無理やりつけるのも怖いし。

拍手[0回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

ジオターゲティング
最新コメント
[09/21 管理人]
[09/21 絣]
[08/17 Y.O.Yucky]
[08/16 絣]
[07/19 ?]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
鏡澤 初芽@Y.O.Yucky
性別:
男性
職業:
とある私立の大学生
趣味:
カメラ、懐中電灯集め、バドミントン、ラジコン、アニメ鑑賞、読書、執筆、車、エレクトーン、自転車ツーリング、絵などなど。
自己紹介:
Twitter:Y_O_Yucky
多趣味な管理者です。
まぁ、要するに ア・レ ですよ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ジオターゲティング
<div align="center" style="font-size:10pt">
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ